人気ブログランキング | 話題のタグを見る
サフランのお茶
ジョヴァンナさんのサフランは、スーパーのものに比べるとかなりお高く、お料理で使うのはもったいないなぁ。。。という方におすすめなのが、サフランのお茶。
サフランのお茶_f0213401_09422752.jpg
サフラン10本から15本程度を温めたティーカップに入れ熱いお湯を注ぎ10分ほど待つ。お好みではちみつなどを入れていただく。

カルダモンやカモミールとブレンドするのもおすすめですが、まずはサフランだけで味わってみてください。

サフランの香りはリラックス効果があるので夜寝る前に飲むのがおすすめ。

また、サフランはホルモンバランスを整える作用があり、生理痛を緩和したり生理不順や更年期障害、血行促進などにも効果があると言われているので、幅広い年代の女性に好まれるスパイスです。(ただしサフランは子宮を刺激する作用があるため、妊娠中はお控えください。)

クレオパトラやローマ皇帝アウグストゥスも愛用したと言われるサフラン。高貴な香りが楽しめます。

ジョヴァンナさんのサフランに興味をお持ちいただけた方はぜひ販売サイトへお立ち寄りください。
サフランのお茶_f0213401_11320010.jpg

# by mmnowhere | 2021-10-21 09:44 | サフラン
お知らせ
前回の投稿からだいぶ時間が経ってしまいました。このコロナ禍で、イタリアに行けずなかなか新しい情報が発信できなかったのですが、やっと書く事ができました。

この度 Acqua e Miele は、イタリア産の最高品質サフランの販売を開始いたしました。
お知らせ_f0213401_11325389.jpg
イタリア有数のサフランの産地アブルッツォ州で、農薬を一切使わず、栽培、収穫、パッケージ詰めまで丁寧に手作業で行ったサフラン。イタリアの情報を発信するYouTube チャンネル『Italy Square Channel 』の協力のもと、数量限定で入荷が実現しました。

このコロナ禍において、現地にいかず商品の輸入をすることのなんと時間のかかること!色々な方のお力添えでなんとか販売にまでこぎつけました。

今回販売するサフランは、ジョヴァンナ・ダスカーニオさんが代表を務める『イル・ジャルディーノ・デイ・プロフーミ』というアブルッツォにある農園のサフランです。

ジョヴァンナさんは、35年間手つかずだった土地を祖父から譲り受け、2014年に「環境に配慮した自然農法でサフランを栽培したい」という志のもと、サフラン栽培を開始された方。
お知らせ_f0213401_20353969.jpg
そこには「お客様に安全で品質の高いものを提供したい」という思いと同時に、「生まれ育った土地の自然環境を守りたい、イタリアの農業を守りたい」という思いが強くありました。私はその考えに共感して、日本の消費者の方にも紹介したなと思い、今回彼女のサフランの販売に至りました。

私がイタリアに住んで実感したのは、イタリアはとても豊な農業国だということ。首都ローマに住んでいたにも関わらず、友人達が持ってくる「実家でとれたオレンジ」やら「知り合いの養蜂家のはちみつ」だの、農業は常にとても身近にありました。温暖な地中海性気候と、山と海に囲まれた恵まれた環境のイタリアでは、農業は決して難しいことではありませんでした。

ところが、近年の地球温暖化による気候変動や、EU統合以来のEU共通農業政策(CAP)による小規模生産者への圧迫が、イタリアの農業を経営危機に陥れています。
お知らせ_f0213401_11324840.jpg
環境破壊を防ぐための環境の配慮した農法や、差別化を図る有機作物の栽培、土着品種やDOPの生産物などは、イタリアの農業従事者が生き残っていくための手段です。比較的若い方が有機栽培を選んでいるのも、イタリアの農業の未来を見据えてのことなのだと思います。

このように私が取引したいと思う生産者さんは、事業規模がとても小さく、海外輸出はおろか他の都市への進出さえも考えていない方たちばかりですが、だからこそ、現地でしか味わえないものを日本の消費者の方に届けれたらな、と思っています。

わざわざ空輸で日本に輸入するので、決して安くはないですが、工業製品とは違った「思い」を商品を通して感じていただけたらと思います。

ジョヴァンナさんのサフランに興味をお持ちいただけた方はぜひ販売サイトへお立ち寄りください。
お知らせ_f0213401_11320010.jpg

# by mmnowhere | 2021-10-10 11:38 | おしらせ
「イタリア語に関する幾つかの考察」の記事についての追記
この記事は2010年に書いたものなのだけれども、いまだにアクセス数の多い記事なので、当時と今のジェンダーに関する意識の違いを考慮して、追記をしたいと思います。

おかまか!!!(いや、おかまが悪いわけじゃないけどさ。。。)

記事内の上記表現。この当時も女装する男性や女性っぽい喋り方をする人に対して、特別な感情があったわけではないんだけれども、いわゆるテレビなどで使う「お笑いの手法」にこの手のものがあったんだなぁと(今になってみると)思う。(今でも「オカマ」を「オネエ」に変えて似たようなツッコミをしているシーンをたまーに見るけれども。。。

当時は無意識に他人の容姿や行動様式に対してツッコんでたんだな、と思うと反省しかり。(デブとも書いてるし。。。)この手のお笑いは廃れるべきだと思う。たまに「お笑いやりにくくなった」っていう芸人の方いるけど、こういうのは見る側がどんどん笑わなくなっていけばいいんだと思う。

そして「おかま」という言葉。「オカマ」は侮蔑的で「オネエ」はいいのか、とか、本人たちが呼んでいるから、とか色々あるかもしれないけれども、そもそもカテゴライズして名前つける必要なんてないんじゃないかと思う。男性で(いわゆる)女性的な喋り方をしている人が性的マイノリティだと決める必要もないし。それこそ多様性。自分の喋り方は社会に流されず自分で決めるのが一番。

ローマに住んでいた時に体験したのは性嗜好の圧倒的な自由さ。イタリアは保守的な国で、地方に行ったらまた状況は違うかもしれないけど、少なくとも私の周りの人たちはとても自由だった。男性同士、女性同士のカップルもたくさんいたし、(けしてマイノリティではなかったな。。。)彼氏がいるのに女の子と浮気した友人(女性)のmacello(屠殺場の意。転じて、ぐっちゃぐっちゃで最悪な状況)な話を聞いたり。女友達と知り合いのレストランに食事に行くと、「なに?彼女?」とか冷やかされたり。

そんなところに10年もいると、性的マイノリティってどういう人のことをいうんだろう?同性を好きになる事は、誰しも可能性のある事なのではないだろうかと思う。私も明日、素敵な女性に恋をする可能性だっておおいにある。好きになる対象が異性だけでなく、同性にも広がるのは決して悪いことではないし、まあ、性別でどうこう言う時代じゃなくなってきたんだろうなぁと思う。

今回この記事を書いて「イタリア語に関する幾つかの考察」の記事を(または問題の一文を)削除しなかったのは、これを機会にジェンダーについて書きたかったから。あと、ローマのおおらかさについても書いておきたかったので。

こういうところ、やっぱローマっていいなぁと思う。

# by mmnowhere | 2021-06-29 13:55 | ローマ
ビーポーレンの配送について
ロルヴァゲル養蜂場のビーポーレンは、注文個数が1つの場合はクラフト封筒での発送を行っています。これは、低価格での販売の実現と、環境に配慮するための試みです。
ビーポーレンの配送について_f0213401_11590340.jpg
そもそもイタリアではロルヴァゲル養蜂場のビーポーレンは瓶詰めの状態で売られています。ロルヴァゲル氏は多くの養蜂家の方と同様に、環境に配慮した商品作りを心掛けているので、再利用可能な瓶を採用しています。
ビーポーレンの配送について_f0213401_11584607.jpeg
ビニール製のパッケージは、私が日本で販売するにあたって特別にお願いしたものです。イタリアから輸入する際にフードマイレージが少ないのと、日本国内の配送時に梱包材が少なくて済むという観点から、ジップ付きビニール袋ということになりました。

そもそもイタリアでは日本に比べて包装が簡単で、私たち日本人の目から見ると雑に見えることもあります。ロルヴァゲル養蜂場のビーポーレンもレイナルドさんとアナリサさんが自らパッケージ作業をしているので、機械できっちり貼ったシールとは違い、斜めになったり、少しよれたりしています。

私はこれがいい意味での工場生産の製品との違いだと思っています。そして良質のビーポーレンを日本の消費者の方に適正価格で届けるために、包装や配送方法などはなるべくコストをかけないというのが販売元Acqua e Mieleのポリシーです。

ということで、クラフト封筒での発送には、ご理解と賛同をいただきたいと思っております。

ビーポーレンに興味をお持ちいただけた方はぜひ販売サイトへお立ち寄りください。
ビーポーレンの配送について_f0213401_09170295.jpg
ビーポーレンの配送について_f0213401_09320650.jpg

# by mmnowhere | 2021-06-16 12:02 | ビーポーレン
ビーポーレンとはちみつの練り合わせ
前田京子さんの『はちみつ日和』によると、ビーポーレンとはちみつ 1:2 の割合で合わせたものは、ビーポーレンの栄養価の吸収率がぐんと上がるとのこと。毎日スプーンで練って1週間ぐらいからが食べ頃とか。

ビーポーレンとはちみつの練り合わせ_f0213401_14115107.jpg
練り合わせのトースト
ピーナッツバターにも似た、濃厚な味。バターたっぷりのトーストとよく合う。


ビーポーレンとはちみつの練り合わせ_f0213401_14125804.jpg
練り合わせ1日目:
入れたばっかりの写真。この後ビーポーレンが上に上がってくる。

練り合わせ3日:
まだつぶつぶが残る。

練り合わせ1週間:
ビーポーレンがほとんど溶け込んだ状態。

この練り合わせ、濃厚な味でいかにも栄養価が高そう。このまま食べてもいいし、ヨーグルトにいれても。はちみつの種類を変えて味に変化をつけてもいいかも。同じイタリア産同士、オレンジのはちみつなんか合いそうだな。

気温が上がって、食欲が落ちてくるこれからの季節に夏バテ防止として食べたり、疲れた時に食べて疲労回復したり、と何かと活躍しそうです。ぜひお試しあれ!



ビーポーレンに興味をお持ちいただけた方はぜひ販売サイトへお立ち寄りください。

ビーポーレンとはちみつの練り合わせ_f0213401_09170295.jpg
ビーポーレンとはちみつの練り合わせ_f0213401_09320650.jpg

# by mmnowhere | 2021-06-06 14:16 | ビーポーレン



ローマ生活10年を経て現在は東京とローマで個人輸入販売をしています。 主にイタリア産ビーポーレンの販売を行っています。
by mmnowhere
カテゴリ
全体
ローマ
オフィス
イベント
日々の生活

おしらせ
イタリア語
映画
ビーポーレン
イタリア田舎生活
サフラン
未分類
以前の記事
2021年 10月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
お気に入りブログ
zenzeroブログ
検索
その他のジャンル
最新の記事
サフランのお茶
at 2021-10-21 09:44
お知らせ
at 2021-10-10 11:38
「イタリア語に関する幾つかの..
at 2021-06-29 13:55
ビーポーレンの配送について
at 2021-06-16 12:02
ビーポーレンとはちみつの練り..
at 2021-06-06 14:16
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧